私たち、子どもたち、孫たちの未来のために!

日本を守り抜く。

 

日本を守り抜く責任と覚悟。

この国の政治は思いつきと評論に終始し、本当に何を変えるのかという意思の決定と実行が出来ませんでした。
その結果、国民の政治家に対する信頼は失われつつあります。しかし、平成24年12月、自民党は3年数ヶ月にわたる野党時代を乗り越え、再チャレンジの安倍内閣が誕生しました。
いま、日本は内外ともに深刻かつ大きな危機に直面しています。外交・安全保障の危機、経済の危機、教育の危機、そして文化と家族の危機。こうした時こそ、幾度となく国難を乗り切ってきた先人たちの知恵と勇気に学び、心の底から日本人で良かった!と言える社会を、後世に悔いの残らない責任ある政治を実現しなければなりません。
政治の原点は国民と政治家との信頼・絆がすべてです。私は、日本を取り戻すための政治姿勢を貫く安倍総理と一体となって国民の皆さまと日本を守り抜きます。
皆さまのあたたかいご理解とより一層のご指導を切にお願い申し上げます。

内閣総理大臣補佐官
参議院議員(比例代表)
衛藤晟一

変えないために変えていこう。

いつまでも平和で幸せに暮らしたい…
それはイデオロギーを超えて誰にとっても共通の願いだと思います。
一方、時を経て世界は変化しています。平和で幸せに暮らすこと、その願いを変えないために、今の時代に合わないルールや枠組みを変えていく必要もあるのではないでしょうか。
衛藤晟一は
◯憲法改正に邁進します。
◯行財政改革を先送りせず取り組みます。

進化するために守り抜こう。

IT化が進み効率化された日々の暮らし。
しかし、失ってはいけないものもあるはずです。
それは人を敬い、思いやる気持ち。
この国がさらに進化していくために、守るべき歴史や伝統があるのです。
衛藤晟一は
◯皇室を敬い、文化、伝統を大切にします。
◯祖国や家族を大切にする教育を進めます。
◯「攻めの農林水産業」を目指します。

優しくあるために強くなろう。

少子化による人口減少、高齢化にともなう介護負担の増大…。病気や障害を持つ方々の支援はもちろん、その方々を支える「一般の人びと」の負担も軽減しなければ、こうした問題は解決できません。
本当の優しさには強さが必要なように、社会保障の充実と経済の立て直しは重要なテーマです。
衛藤晟一は
◯恒久的社会保障制度構築に傾注します。
◯技術立国・日本の復活に力を注ぎます。

戦わないために備えていこう。

防衛費が増えると「戦争をしたいのか」といった批判が出ます。戦争に賛成か反対かという単純なものではありません。当然、誰もが戦争反対です。
その上で、いかに戦争を避けるべきか、そのためにどうすべきかを議論すべきなのです。
衛藤晟一は
◯外交、防衛、領土、エネルギー政策等に毅然とした姿勢で挑みます。
◯災害に強く環境を守る国土をつくります。